日焼止めクリームで肌を焼かない!でもどれを選べばいいの?

日焼止め,クリーム,選び方

日焼止めクリームを買おうとすると本当にいろんな商品があって悩んでしまいまよね。
SPFやPAでそれぞれ違うし、そもそもSPFやPAって一体何なのかわからない。
美白成分や美肌成分が入っている物まで売っているから
どうせならお肌に良いものを買いたいし・・・。

 

ここでは日焼止めクリームの選び方、SPFやPAの数値から
どんなときにどれを使えばいいのか
美肌成分は必要なのなどの
日焼止めクリームを選ぶときに悩むいろいろなことを調べてみました
ぜひ参考にして下さいね。

日焼止めクリームのSPFとPAとは?

日焼止め,クリーム,選び方

日焼止めを買う時にまず最初にみるのが
SPFやPAの値。
とりあえずこの数値が高ければUVカットをしっかりとしてくれるから安心なんでしょう?

 

そう思って何も考えずに
SPF50 PA++++の日焼止めを選んでいませんか?

 

お肌のことを考えるといつもSPF50でPA++++のものを選ぶのは危険です。

 

UVカットの力が強力だと言うことはそれだけお肌に負担をかけているのです。
日差しが弱いときにも最強の日焼止めを使い続けていると必要以上にお肌を傷め
お肌の老化を進めてしまいます。

 

だから、日焼止めを選ぶときは
その時に合わせた日焼止めを選択した方良いのです。
肌への負担が少なく、日焼も防止する

 

そのために知っておきたいのが
SPFとPAの値なんです。

 

なんで2種類の値があるの?

日焼止めクリームには2種類の値「SPF値とPA値」が書かれています。
何で2種類もあるのかと言うと
紫外線の種類と関係があるのです。

 

紫外線は3種類あります

  • UVA
  • UVB
  • UVC

 

UVCは地上には届かないので放っておいていいのですが

 

問題はUVAとUVB。
UVAは肌の奥深くまで届き肌の基礎部分を破壊する力を持っています。
シワやたるみの原因となる紫外線です。

 

UVBは肌表面に届き表皮の細胞を壊していきます。
シミやくすみの原因になる紫外線なのです。

 

PA値はUVAの紫外線から肌を守る値
SPF値はUVBの紫外線から肌を守る値

 

PA値の基準

最小が「+」
最大が「++++」
「+」や「++」は日常生活で外を歩くとき使うレベルです
普段は家にいてちょっと買い物へ行く、散歩に出かけると言うときに
「+」か「++」を選びます。

 

「+++」は野外で軽くスポーツをするとき
ちょっとしたランニング、2〜3時間の野外活動のときに使います。

 

「++++」は炎天下での野外活動
真夏の日差しの中山に登る、海へ行く、野外フェスなど
強い日差しの中の長時間いる場合に使用します。

 

SPF値の基準

最小が10
最大が50+
10から20は日常生活で外を歩くとき
20から30は野外での軽いスポーツなど
30から50+は炎天下での野外活動

 

 

もしあなた普段買い物やちょっとした散歩が多い、会社と自宅の往復と言うのであれば
PA++のSPF20くらいの日焼止めを購入するのがベスト。

 

営業で外回りが多いと言う場合は日差しの具合もありますが
PA+++以上でSPF30以上
日差しが強いならPA++++、SPF50+を選ぶのがいいでしょう。

日焼止めクリームに美白成分や美肌成分は必要?

日焼止め,クリーム,選び方

日焼止めに美白成分が入っていたり、美肌成分が入っていることがあります。
これは本当に必要なの?
どうせ肌に着けるのであればお肌に良い成分が配合されている方がいいに決まっている!
と思われるかも知れません。

 

日焼止めクリームは肌を守るため粒子が大きく作られています。
お肌にクリームが吸収されないようにしているのです。

 

そのことを考えると日焼止めクリームに美白成分や美肌成分が配合されていても
肌に吸収されないのでほぼ効果なしということになります。

 

美白成分や美肌成分は美容液などに任せた方が絶対に効果が上がります。
日焼止めクリームで美白成分や美肌成分は必要ありません。
値段を高くしているだけです。

日焼止めクリームを使ったら絶対クレンジング!

休日の日ノーメイクで日焼止めクリームだけで近所に買い物に行く何て言うときもあります。
そういうときもしっかりとクレンジングで日焼止めクリームは洗い落としましょう。

 

今日はノーメイクだったからいいやで済ませない。
日焼止めクリームは先ほども書きましたが粒子が大きく肌に覆い被さる訳です。
毛穴などを詰まらせる原因にもなりかねません。

 

また、日焼止めクリームは肌に良いものではないので長時間つけておくというのは肌に
とても負担をかけてしまいます。

 

だから、しっかりとクレンジングをするようにして下さいね。

日焼止めクリームを取り除いたら美容液で抗酸化

紫外線から肌を日焼止めクリームで守っても
お肌はやっぱり傷んでいます。
日焼止め自体お肌には良いものではないのでつけることで肌の活性酸素が働き出し
お肌の酸化を招いてしまう可能性もあります。

 

活性酸素の働きを抑える抗酸化作用の成分が入っている美容液でしっかりとお肌のケアをして上げましょう。
今注目を浴びている抗酸化成分で非常に効果が高いとされているのが
フラーレンとAPPSビタミンC誘導体です。

 

フラーレンはノーベル化学賞を受賞するほどの成分です。
それほど抗酸化の成分として注目を集めています。

 

フラーレンとAPPSビタミンC誘導体が入っている美容液でお肌の抗酸化を促して上げて下さい。

 

フラーレン・APPSビタミンC誘導体が入っている美容液オススメ

BIHAKU美容液
日焼止め,クリーム,選び方
フラーレンだけが入っている美容液は多くありますが
それに加えAPPSビタミンC誘導体も配合。
両方の相乗効果でシミやくすみなどをケアしてくれます。
⇒抗酸化で美しい肌を手にするにはこちらから

日焼止めクリーム選び方のまとめ

日焼止めクリームは日常使いなら
PA++のSPF20程度のものを選ぶのがオススメです。
もちろん日差しや生活環境によって選ぶ値は変わってきます。
日焼止めクリーム自体はお肌に決して良いものではないので
使ったらしっかりとお肌のケアをしましょう