顔がくすんだ!どうしたら?

くすみ,原因,取る,方法

顔がくすんだ
鏡を見たら愕然とするとき、ありますよね

 

顔がもやっとうっすら暗い
血色が悪い
疲れて見える

 

本当に私の顔なの?
年齢以上に老けてみえてしまう。

 

顔のくすみがもたらす
暗い印象はあなた自身の印象をも変えてしまうかもしれません

 

本来の輝くあなたに戻るためにはどのようなことをしたら良いのでしょうか?

顔のくすみは6種類!あなたのはどれ?

顔のくすみの種類は大まかに分けて6種類あります

メラニンが原因のくすみ

角質汚れのくすみ

乾燥によるくすみ

血行によるくすみ

食生活によるくすみ

化粧品によるくすみ

 

あなたのくすみはどれですか?
気になる原因、ちょっと詳しく見ていきましょう。
原因が違うと対策の仕方も違います

 

メラニンが原因のくすみ

顔全体がうっすら暗い。
ちゃんと日焼対策していましたか?
メラニンが原因のくすみは
日焼や炎症、肌へのダメージが原因。

 

特に日焼対策。ちょっとそこまでお買い物。
別に少しの距離だから日焼止めはつけなくてもいいかな
なんてやっていませんか?
そういうのも積み重なるとお肌にどんどんダメージがたまっていきます。

 

お肌は刺激を受けるとメラニンを作り出します。
あの、日焼けしたときの小麦色の肌
メラニンが小麦色をつくりだすんです

 

でも、そのメラニンが皮膚の外へ上手く排出されないと
くすみやシミの原因になってしまうのです。

 

角質汚れのくすみ

角質がお肌にたまることでもくすみは起きます。
角質がたまるつまり汚れがたまっている。
角質に詰まった汚れをしっかりと落とさないといけません。
実は角質がたまってしまうには原因があります。
お肌の潤い不足、そのためターンオーバーが上手く働いていないことが考えられます。

 

 

乾燥によるくすみ

お肌が乾燥するとくすみます。
潤いが足りないため肌の艶が失われてしまうのです。
みずみずしいりんごと水分の抜けたりんご
どちらが明るく見えますか?
みずみずしいりんごですよね。
乾燥によって肌が水分の抜けたりんごのようになってしまうのです。
シワも増えますし、顔の凹凸ができると影を落としやすくなる
それでくすんで見える印象になるのです。

 

血行によるくすみ

血行不順、血液の流れが悪いと顔色が血の色をうしない
青白く見えます。
非常に不健康そうに見えてしまうんです。
原因はいろいろ
ストレスもあれば疲れ、仕事が忙しく睡眠不足。
体の冷え。
体中の血のめぐりが悪いと肌の血色感が失われ
暗い顔のなっていくのです。
最近、体冷えていませんか?疲れていませんか?

 

 

食生活によるくすみ

顔が黄色くくすむ。
それは食生活が原因かもしれません。
最近、脂っぽいものを沢山食べていませんでしたか?
ご飯、お米大好き、うどんやパスタなど糖質の多いものを沢山食べていませんでしたか?
このような脂や糖の過剰摂取によってAGEsを作り出してしまいます。
AGEsは老化に関する物質。
そのためお肌が黄色くくすんでしまうのです。

 

化粧品によるくすみ

古い化粧品を使っていませんか?
長年使い続けている化粧品は油分が劣化しているんです
なかなか減らないアイシャドウを3年間使い続けていませんか?
古くなった化粧品を使い続けると
刺激性皮膚炎や炎症後色素沈着を起こし
肌がくすんでしまいます。

 

 

あなたのお肌のくすみの原因はどれでしょうか?
それぞれに対して対処法が違ってきます。

顔がくすんだときの対処法

顔がくすんだときの対象を紹介致しますね。
あなたのくすみにあわせて対処してみて下さい
もし、どれも当てはまりそうと思ったら
まず今一番多い原因メラニン生成によるくすみの対策から始めてみては?

 

メラニンが原因のくすみ

くすみ,原因,取る,方法

メラニンが原因の場合はまず日焼対策。
UVカットやUVケアをしっかりとしましょう。

 

できてしまったくすみやシミは
美白成分の入った美容液で対処していきましょう。
美白成分としては
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、エラグ酸、コウジ酸
他にもフラーレンなんかも最近は話題になっています。
これらの成分が配合されている美容液を中心に使っていくと良いでしょう。
お医者さんへ相談すると医療機関で使われる美白剤を処方してくれたりします。
ハイドロキノンやレチノイン酸、ルミキシルクリームなどです。
また、医療レーザーでの治療という方法もあります。
脱毛と合わせてくすみもとることができます。

 

 

角質汚れのくすみ

くすみ,原因,取る,方法

角質がたまっている場合はまず角質をしっかりと落とすこと。
ピーリングを行うのがいいでしょう。
ピーリングジェルなどを使ってしっかりと余計な角質を落として下さい。
もちろん、ピーリングを行った後は肌が弱っていますので
しっかりと保水、保湿をして上げることをわすれないでください。
保水、保湿をすることでターンオーバーも正常化し、角質が足りにくい肌へ戻っていきます。

 

 

乾燥によるくすみ

乾燥によるくすみは乾燥をなんとかしないといけません。
原因は一つではないのですが
まず、顔の洗いすぎは乾燥を招きます。
汚れを落とすためにしっかりと洗いたい気持ちは良くわかりますが
洗いすぎは厳禁
沢山の泡でやさしく洗って下さい。
余計な汚れは落とし必要な脂は残す。
汚れがあると化粧水などの成分が角質へ染みこまない原因にもなります。

 

洗顔後は保湿効果の高い化粧水、美容液、乳液をしっかりとつけることをお忘れなく。

 

 

血行によるくすみ

血行が悪くてくすんで見える場合は
血流を良くすることが大切です。
まずは顔の血流を良くしましょう。

 

顔の体操をするのが血流を良くするためには一番言いんです。
顔の体操は頬をふくらませたりするだけなので簡単です。
右の頬をふくらませたら次は左の頬をふくらませる
交互に繰り返したり、両頬をふくらませてしぼめたり
顔を動かして上げましょう。
顔が温かくなってくると思います。
血流が良くなっている証拠ですね。

 

他には軽い運動。
はや歩きをしたり、ジョギングをしたりすると
体中が温まり血流が良くなります。

 

体を温めれば血流が良くなるのですから
もちろん入浴はオススメです。
半身浴でじっくり体を温めましょう。
お風呂の温度は40度前後もしくはぬるめで。

 

血のめぐりが良くなると頬がほんのりピンク色を差してきます。
健康的な肌色になりますよ。

 

食生活によるくすみ

食生活によるくすみは食生活を見直しましょう。
AGEsが多くなると生活習慣病も関わってきます。
糖分を多く取り過ぎると糖尿病になる恐れもあるわけです。
ですが、全く摂らないというのもバランスが悪くなるので
一定量は食べましょう。
白いご飯を玄米へかえたり、うどんをやめて蕎麦にしたり。
いろいろと方法はあります。
脂も酸化しにくい上質な脂を摂るようにしましょう。

 

化粧品によるくすみ

くすみ,原因,取る,方法

化粧品が古くなったら捨てる。
まずはこれを徹底しましょう。
もったいないからと言って使い続けて肌を傷めてしまっては本末転倒。
綺麗になるどころか劣化させていることになってしまいます。
また、毎日のお化粧も肌につけてからどんどん酸化していきます。
そのままつけていると肌へ悪影響を及ぼしてしまいます。
どんなに忙しくても必ず寝る前にお化粧は落として寝るようにしましょう。

オススメの化粧品はあるの?