シミってどうしてできるのシミの原因は

シミ,原因,対策

シミの種類とその原因を知っていますか?
シミには4種類あります。
まずはそのシミの種類と原因を探っていきましょう

 

日光黒子

 

これは一般的なシミ。日光を多く浴びてしまって日焼けをした。その後に現れるシミはこの日光黒子になります。
このシミは予防をすることも出来れば出来てしまった後も化粧水や美容液などで対策することも出来る可能性もあります。

 

原因は紫外線。紫外線を多く浴びて紫外線の有害部室から肌を守ろうとメラニン色素が出来てしまう。それがそのままターンオーバー異常により残ってしまうというもの。

 

炎症後色素沈着

 

やけどやニキビ化粧品でかぶれてしまった。これらの理由で肌に炎症を起こしてしまい、その後その炎症が引き治った時に出来るシミ。
顔だけではなく、炎症を起こしたところに出来ることが多い。
ニキビはつぶさないように!

 

原因は肌の炎症。肌に怪我などを作ることが原因。

 

雀卵斑

 

雀卵斑はいわゆるそばかす。小さい転々が顔に表れます。

 

原因は遺伝。遺伝性なので治療には医療機関へ通う必要があります。

 

肝斑

 

顔の目元の下あたりに広がる左右対称のシミ。30代から40代に多く見られます。

 

原因はホルモンバランスの変化とも言われていますが詳しくは分かっておりません。
自分でなんとかすることは出来ません。医療機関でレーザー治療をすると悪化を防ぐことが出来るかも知れません。

 

 

シミの対策が出来るのは?

シミ,原因,対策

シミ対策は主に日光黒子のシミと炎症性色素沈着のシミ。
日光黒子のシミは紫外線に当たらないようにするつまりUVカットをするように日焼け止めを塗ること。
炎症性色素沈着のシミは肌に傷を付けないようにすることが大切です。
肌に合わない化粧品などはすぐにやめる。
ニキビはつぶさない等の対策をしましょう。

 

もし、シミが出来てしまったら美白美容液などを使って対策するのがオススメです。
美白美容液で一番オススメなのがフラーレンを配合している美白美容液BIHAKU。
出来てしまった軽いシミなら結構効果を体験できると思います。

 

⇒美白美容液BIHAKU詳しくはこちら