レーザーでシミを取るのときに起こるデメリットは?

シミ取り,レーザー,治療,デメリット,美容外科

シミが気になってしょうがない。
こうなったりら美容外科でレーザーを使ったシミ取りをするしかない!
そう考えているあなたに

 

いきなりレーザーでシミを取るデメリットから入ります。

 

料金が高い

最近はレーザーでのシミ取り肝斑治療は意外と料金が安くなってきてはいます。
初回のお試しだけなら3,000円くらいでできたりしますが
後はだいたい1回ごとに5,000円程度の料金が必要だったりします。
もちろんお値段は通う病院によって違ってきます。
1回でシミが取れきらない場合数回通わなければなりません。
そうなると30,000円程度かかることも。
範囲が頬だけでなく顔全体などになってくるとより料金が高くなっていきます。

 

基本的にはシミ取りは保険適用外です。
どの程度の治療が必要なのかで料金がどんどん高くなっていくので
最初にしっかりと相談された方がいいでしょう。

 

シミは取れるがそのあとにシミのような炎症後色素沈着が起きるかも

レーザーでシミは取り除けたけれど、その後再びシミが再発下用になる事があります。
術後の炎症後色素沈着が起こる可能性があります。
日本人は欧米人よりもメラニンが多いため術後に炎症後色素沈着がおこりやすいのです。

 

痛い

レーザーを当てていくので痛いと感じる方もいらっしゃいます。
最近はレーザーの照射時間を短く設定しているところが多いので
それほど痛みを感じないかもしれませんが
やはり痛みはあると覚悟はしておいた方がいいと思います。

 

もちろん、メリットはあります
長年悩まされていたシミがなくなるかもしれないと言うことですね。

 

美容外科へ通わないでシミのケアするなら

美容外科ではなく自分でなんとかしたいというのであれば
方法は美白化粧品などを使って肌のケアを行うというのが一番だと思います。

 

美白美容液を使って肌のターンオーバーを正常にして、肌にたまったメラニン色素を体外へ排出し、再びシミを作らせないためにトラネキサム酸やプラセンタの配合されたものでシミの生成を抑える。

 

今オススメな美白美容液はBIHAKU。
最近注目されている成分フラーレンを配合しています。
楽天のスキンケア部門でも1位を獲得した実力派。

 

楽天より安くBIHAKUを購入することができる方法があるのです。

 

詳しくはBIHAKUの詳細ページをご覧下さい。
BIHAKUでしっかりシミ対策!

 

 

⇒BIHAKUを楽天より安く購入する方法