ビタミンC誘導体は肌トラブルの元を抑えます

ビタミンC誘導体,エイジングケア

ビタミンC誘導体は肌トラブルの元を抑えてくれる非常に優れた美容成分です。
通常のビタミンCもお肌には良いとは聞いていますが
ビタミンCは分子が大きいためなかなか肌へ浸透しにくい、
それをビタミンC誘導体は肌の奥まで染み渡ることが出来るのです。

 

ビタミンC、ビタミンC誘導体は肌の活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
そのため、肌を美しく綺麗に保つことが出来るのです。

 

 

肌トラブルの原因は活性酸素

肌トラブルの原因の一つとして活性酸素があります。
活性酸素自体は本来は悪者ではありません。
肌の有害物質を活性酸素が攻撃し除去してくれると言う働きがあります。

 

しかし、多くですぎた活性酸素は有害物質だけではなく
健康な細胞も攻撃し始めるのです。

 

肌細胞が攻撃を受けると
細胞の劣化が起こります
劣化した細胞が肌の潤いを逃し、
また、コラーゲンなどもまともに作り出すことが出来なくなり
肌が乾燥、細胞間が凸凹となり
シワの原因にもなります。

 

また、肌を守るためにメラニンが生成され
メラニンがターンオーバーの異常により
肌にとどまり続けると
シミやくすみとなります。

 

ターンオーバーの乱れも細胞が活性酸素に攻撃され
まともに機能しなくなったことが原因にもなります。

ビタミンC誘導体の効果のまとめ

ビタミンC誘導体,エイジングケア

ビタミンC誘導体の4つの効果
お肌を若々しくするための効果がぎっしりと詰まっています。

 

 

シワ、たるみの予防

ビタミンC自体にコラーゲンの生成を助ける機能があります。
そのため肌の弾力性を保ち潤いもキープできるため
シワやたるみを予防することが出来るのです。

 

シミ、くすみの予防

活性酸素を除去する抗酸化作用がビタミンC誘導体にはあります。
通常美白成分というのは出来てしまったメラニンをどうにかすることは出来ないのですが
ビタミンC誘導体はメラニン還元作用があるため
出来てしまったメラニンに対しても有効なのです。
そのためシミやくすみに効果を発揮してくれます。

 

アンチエイジング

老化の一番の原因は酸素。いわゆる肌が酸化した状態を老化と言います。
つまり活性酸は老化の最大の原因なのです。
抗酸化作用があるビタミンC誘導体は老化の原因である
活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジングの効果があると言われています。

 

ニキビ予防

にきびが出来る原因の一つに
脂ぎった肌というのがあります。
出過ぎた皮脂が毛穴につまり炎症を起こす。
これがニキビです。
ビタミンC誘導体の機能の一つとして皮脂抑制作用があります。
皮脂の出すぎを抑え、ニキビが出来にくい肌にしてくれます。
また、抗炎症作用もあるため出来てしまったニキビにも効果を発揮します。

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いは?

ビタミンCが化粧品として使われている場合
比較的肌の浅いところまでしか効果を発揮しません。
それは肌への浸透力が低いから。
なかなか肌へ染みこまないのです。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCをもっと細かくしたイメージなので
肌の奥底まで浸透することが出来るのです。

 

そのため、今はビタミンCよりもビタミンC誘導体の方が注目を集めているのです。

 

ビタミンC誘導体の特徴

角質層までしっかりと浸透する

抗酸化作用が高い

 

ビタミンC誘導体が入っているオススメの美容液

ビタミンC誘導体が配合されている美容液でオススメなのが
BIHAKU

ビタミンC誘導体,エイジングケア

消しゴムで消したみたいに肌の透明感がUPすると
非常に評判です。

 

また、ビタミンC誘導体の抗酸化力に加え
ノーベル賞受賞の研究成果である
非常に注目されている抗酸化成分
「フラーレン」も配合されています。

 

ビタミンC誘導体、フラーレンの二つの抗酸化作用で
しっかりとお肌をケア。

 

 

 

⇒美白美容液BIHAKU楽天トップへ戻る